結婚しましたハガキ

7月上旬、早速TOMOさんに取ってもらった写真のプリントが届いて、ポストカードの検討にはいりました。

もともとはハガキは、業者に頼むつもりでした。せっかくなので、ラヴィファクトリーでハガキもお願いしちゃおうかな、と考えていました。数百枚ある写真から数枚選ぶというだけでも迷うのに、それに、実際のハガキ見本だけだと自分たちの写真を載せたときにどういう感じになるのかイメージがつかめないので困りました。

そこで、とりあえず、ネットの見本をキャプチャーし、その上に自分の写真を貼り付けてみました。これをカラーで印刷するとなんとなくそれっぽくなってきました。でも、このサイズだと顔もはっきりと写らず、やはりいまいちピンと来ません。

そんなとき、見つけたのが「花嫁さんいらっしゃい!」の結婚しましたはがきラボ。ここでは、自分で作る手作りポストカードの作り方を大変詳しく書いていました。
よし、自分でデザインしてみよう!と、がんばって作りはじめました。

出来たものはこれ↓です。(顔は恥ずかしいのでぼかしてあります。住所はニセモノです。)

@ A B
ポストカード白 ポストカード黒 ポストカード9枚
どこかで見たことあるデザイン?そう。ラヴィさんのデザインを参考にさせてもらいました。エヘヘ。真中には絶妙のタイミングだった、フラワーシャワーを使いました。 @と同じデザインで、黒バージョン。ぐっと大人っぽい感じになります。 9枚使った欲張りバージョン。はないらさんのデザインを参考にさせてもらいました。


という3つをつくり、両親と姉にメール。その結果、さわやかなかんじだから、@の白がいいんじゃない?というコメントをもらったので、白バージョンに決定!

デザインが出来たので、早速印刷を申し込みに写真屋さんへ。 ハガキ印刷したいんですけど…見本とかは作ってもらえないんですよねぇ…と聞くと、JPGの画像なら、デジカメと同じで1枚だけプリントできるとのこと。それでまずはハガキサイズでプリントを頼みました。
ところが、待っている間に話を聞くと、もう業者がお盆休みのため、出来上がりまで1週間くらいかかるということ。実は、お盆の終わりに親戚と食事会をすることになっており、それに間に合わせようと思っていたのです。
どうしようか悩んでいたところ、店員のおじさんが、「ハガキサイズでプリントにして、このシールを貼ると、ハガキとして出せるよ」と教えてくれました。

そして、プリントが出来上がりみせてもらうと…。 手作りとは思えないくらい我ながらすばらしい出来!しかも、このハガキプリントなら、シールもついて1枚45円。これなら、お試しでもいいかー。 と、とりあえず親戚用に15枚頼みました。

家に帰って、微妙にサイズがはみ出すので、カッターと定規でせっせと端を切り取り。 よく見るとちょっとはみ出したりしてますが、全然、写真プリントなんてわからないくらいいい感じ。しかも、普通の写真なので、表面がツルツルして、むしろ高級感そうに見えるような気もしてきます。

そして、食事会当日、親戚にこのハガキを配りました。TOMOさんの写真ものラヴィさんのアルバムも好評でしたが、ハガキも大好評。さらに自分でデザインしたというと、「あなたは器用ね〜」といわれちょっとした優越感。フフフ。

結局、好評だったので戻ってからも、写真屋さんで同じ方式で全部頼みました。 合計80枚。なんとたったの3600円でハガキができちゃいました(切手代別)。お友達や親戚で直接会った人には手渡したので、切手代もかかりませんでした。

ハガキくらいは印刷で頼んでもよかったかな、と思いますが、この自分でデザインしたJPGを写真プリントにしてもらう、というのは、かなりおすすめです!
それに、ハガキシールを貼らず、プリントにするだけでも、ちゃんと住所やメッセージがきれいに読めるので、写真感覚でお友達へ手渡してもいいんじゃないかと思います。!

ちなみに、このハガキのデザインは、私の友達からはちょっと不評でした。なぜなら、ダンナの顔がちゃんと写っていなかったので…。言われてみれば、確かに自分のアップは載せていたんだけどダンナの顔ははっきりわかりません。親戚はみんな直接ダンナに会っていたので、それほど気にならなかったのかなーと。…反省。

TOP