その他の小物

その他、準備したものです。

リングピロー

友人に作ってもらいました。
その友人は8月に結婚したので、お返しに私もリングピローをプレゼントしました。

バッグ

bag 貴重品やチップを入れためのバッグも手作りしました。ベールなどもあったので、さらに紙袋に荷物をいれて持ち歩いたため、実際にはほとんど出番はありませんでした。

アクセサリ

アクセサリは結婚式のためには買わず、ネックレス、ピアスとも持っていたパールのシンプルなものにしました。結果的に、すべてリングと同じTASAKIでそろえたことになったので、ちょうどよかったです。

両親へのプレゼント

両親には、ハワイらしくレイをプレゼントしました。
私たちから直接かけてあげようと思っていましたが、出発前はバタバタしていたので、TOMOさんから直接渡してもらいました。
男性用は木の実と貝殻などで作ったレイ、女性用はお花のレイでした。普段空港などでかけてもらうレイと違ってとってもかわいい感じでした。花の種類は聞いたのですが覚えてません…。下の服装の写真にちょこっとうつっています。
でも、ハワイの暑さにはお花も弱いらしく、朝はみずみずしかったレイがレセプションのころにはもう萎れてきてました。お義母さんは日本に持って帰ったらしいです(正月に実家に帰ったら、枯れたレイをちゃんと飾ってくれて、とてもうれしかったです)。私の両親も持って帰ろうとしたらしいのですが、ラナイで干していたら、帰る前の日に虫がわいてて無残な姿になってたらしい・・・。ひゃー。

挙式時の参列者の服装

アロハシャツ(父) ハワイらしい挙式にしたかったのと、楽な格好で楽しんでもらいたかったので、男性にはアロハシャツで参加してもらうようにお願いしました。もちろん父も。ムームーは、あまりイメージがわかなかったので、特にすすめはしませんでした。
父は、結構格好も気にするタイプなので、モーニングじゃないと嫌だ!と嫌がるかと思いましたが、意外にもあっさりOKしてもらいました。

アロハシャツを持っている人は日本から持って行き、持っていない人は1日目に、アラモアナショッピングセンターで買っていました。プレゼントもしたほうがよかったかな、とも思いましたが、みんな買わされたことに対しては不満もなかったようで、自分が選んだアロハなので余計に気に入っていたみたいです。

P会社の方に質問したところ、ズボンはチノパンとスニーカーでOKとのことでした。ジーンズはやめたほうがよいそうです。
全体的にシックな色でまとまったので、アロハシャツでも落ち着いた感じになり、ハワイらしくてとてもよかったです。

服装1 服装2 母たちは、薄手のスーツでした。姉は花柄のワンピースを日本で買っていました。結構ハワイっぽいかんじでした。参考に写真を載せておきます→。


BACK <<    TOP   >> NEXT