2005年09月04日

バジルペースト

ベランダ菜園で収穫したバジルで初のバジルペーストを作りました。

ネットで調べたレシピだとバジル100gとか200gとか書いてあってたのですが、
うちのバジル君たちは、50gがやっとでした・・・

バジルの葉

<材料>
・バジルの葉 ・・・ 50g
・松の実 ・・・ 10g~15g(好みで)
・にんにく ・・・ 2片くらい(好みで)
・オリーブオイル ・・・ 適量
・パルメザンチーズ ・・・ 適量
・塩 ・・・ 小さじ1くらい

<作り方>
1.摘み取ったバジルの葉を洗って乾かしておく。
2.にんにくは皮をむいておく。
3.松の実はフライパンで軽く炒る。
4.フードプロセッサー(またはミキサー)にバジルの葉、にんにく、松の実、オリーブオイルを入れてペースト状にする。
5.塩とパルメザンチーズを混ぜてさらに混ぜる。
6.出来上がり

バジルペースト

摘んだときからバジルがとってもいい香りなのですが、
結構葉っぱも厚いし、青臭くてまずいのでは?
と心配していましたが、ちょっと味見をしたらこれが結構いける~!
お肉やお魚のソースとしてもいけそうです!
余ったらビンに入れて、煮沸して密閉すると結構もつらしいですよ。
あと、酸化を防ぐためにオリーブオイルでふたをするといいらしい。
次はやってみよ~。

でも、残念ながら、出来上がった量は小皿1皿分くらいで、かなりすくなーい!
これじゃ物足りないよーーー。
パスタで2人で食べてあと1人前くらい?って感じでした。

ちなみに、完成したパスタはこれ。
パスタをゆでてペーストと混ぜるだけ。
簡単なのに、お店で食べるジェノベーゼよりめちゃめちゃうまい!
でも、早く食べたいばかりに、急いで写真とったので、
ピンボケだし皿は汚れてるし、で見た目わるーー。(食べかけじゃないです)

ジェノベーゼ


2005年08月21日

ポキ丼

ランチに良くいくお店のメニューにポキライスというのがあり、
いつか家で作ろう~っと思っていたのですが、
ちょうど昨日マグロの切り落としが半額になってたので、
今日のお昼はポキ丼にしました。

poke.jpg

例によって適当な分量で作ったわりには結構うまくできて、だんなも気に入ってくれたようです。

<材料>
・マグロ ・・・ 適量
・アボカド ・・・ 1個
・しょうゆ ・・・ 大さじ2くらい
・塩 ・・・ 小さじ1くらい
・ラー油 ・・・ 適量
・ごま油 ・・・ 適量
・万能ねぎ ・・・ 適量
・煎りごま ・・・ 適量
・レモン汁 ・・・ 少々

<作り方>
1.マグロは適当な大きさに切る。
2.アボカドは種をとって皮をむいて、適当な大きさにきり、レモン汁をかけておく。
3.しょうゆ、塩、ラー油、ごま油、ごま、万能ねぎを混ぜてマグロを漬け込む。(15分くらい?)
4.ご飯を丼に盛る。ご飯にもごまをパラパラと混ぜる。
5.アボカドを3に混ぜて軽く和える。
6.5をご飯の上に盛る。残ったつけだれはご飯にかけちゃって。
7.できあがり

ラー油がピリッ効いてて、おいしかったです~!
ぜひ、お試しを~。

2005年02月14日

生チョコ

昨日あれから生チョコつくってみました・・・

20040214.jpg

<材料>
・板チョコ ・・・ 3枚(210g)
・生クリーム ・・・ 100~150cc
・バター ・・・ ちょこっと
・リキュール ・・・ 適量
・ココアパウダー ・・・ 適量

<作り方>
1.チョコレートを細かく刻む
2.生クリームを温める(沸騰するくらい)
3.チョコレートを入れて溶かす
4.バターを入れてよく混ぜる。
5.リキュールを入れる。
6.オーブンシートを敷いた容器に流しいれる
7.冷蔵庫で冷やし固める
8.適当に切り分けて、ココアパウダーをふる

しかし。いくつか・・・というかかなりの手抜き。
生クリームは安い植物性を使い、
バターは本当は無塩バターってなってましたが、普通のバター。
あと、リキュールを入れ忘れちゃったうえ、
切るときに包丁を暖めなかったので、割れてしまいました。

これじゃー、普通の割りチョコとかわんない!?

・・・と言われそうだったので、後はココアパウダーでごまかし、ごまかし・・・
ってわけで、なんとなくそれっぽくなりました。
画像の大きさはこれが限度ですね〜(^^;
よく見ると、形がちゃんと四角じゃないのがわかりますけど。

だんなはまだ帰ってきてないので、切りながら味見。
くずれた端っこ食べてたら味見ばっかりになってしまうなー。
あ、でも味は生チョコっぽかったです。
まあ、材料費500円くらいでこれならまあまあかな〜・・・

来年は見た目にもこだわろう・・・。

2005年01月30日

ちびパン リベンジ

先週パン焼きを失敗したので、また焼いてみました。

強力粉は新しく開封。でもよく見たら賞味期限きれてました・・・まあいいか。
イースト菌は、そのまま量を多めに。
気がつくと賞味期限切れのものっておおいんですが、うちだけでしょうか。

さてさて、焼きあがってみたら、まあまあ。先週よりはうまく焼けたっぽいです。
高さも先週の1.5倍くらいはありそう。
比べてみるとやっぱり今日のほうが美味しそうです。

bread2.jpgbread.jpg

2005年01月29日

豚の角煮

冷蔵庫に豚バラのブロックが冷凍したまま残ってたのでおとといの夜から角煮をつくりはじめました。
っていうか、おととい食べようと思って作り始めて、レシピをよくみたら1晩置くってなってて、
食べれなかったんですよね。

<材料>
・豚バラ ・・・ 600gくらい
・しょうが ・・・ ひとかけ
・ねぎ ・・・ 適当
・ゆで卵 ・・・ 好きなだけ

味付け用
・酒 ・・・ 1カップ
・水 ・・・ 1/2カップ
・みりん ・・・ 適当
・しょうゆ ・・・ 適当
・砂糖 ・・・ 大さじ1くらいだったか?

<作り方>
1.豚肉を適当な大きさに切る。
2.フライパンで焼き目をつける。
3.水をたっぷりいれて(分量外)1〜2時間くらい煮る。
竹串が通るようになったらそのまま冷まして一晩置く
〜翌日〜
4.豚肉の周りに油が白く固まってるのでそれを取り除き、ぬるま湯で洗い流す。
5.味付け用の調味料と豚肉とゆで卵を鍋に入れ、1時間くらい弱火で煮込む。

出来上がり

・・・のはずが、昨日煮込んでいる間にネットで遊んでたら気がついたら焦げてました
もうかなり焦げたカラメル状態・・・
がーん。がーん。
しょうがないので、もう一度お湯で焦げを洗い流し、5をやり直しました・・・

というわけでほんとは2日でできるところが3日がかり。
写真もパス。
でも、多少焦げ味でしたが、豚肉はさすがにやわらか〜くなってて美味しかったです。
卵もよ〜く味がしみてました。

2005年01月23日

ちびパン by だんな

本日久しぶりにだんながパンを焼いてくれました。
って言ってもホームベーカリーに材料を入れるだけなので誰でもできます。

今日は夕方にやってた「世界一周食材の旅トマトの不思議大紀行」とかいう番組をみて、ちょうど昨日作ったトマトソースが残っていたので、うちもマグロ+トマトソースだ〜!ってかんじで、じゃあパンのうほうがいいね、ってことになり、だんなが焼いてくれることになったのです。

でも、あまりの久しぶりさに、だんなも説明書みながら材料を入れる始末。
大丈夫かな・・・
と思っていたら、予感的中。

bread.jpg

焼きあがって開けてびっくり。ありゃ、パンが小さい?
いつもは蓋を開けると、蓋ぎりぎりまでパンが膨らんでいますが、今日はなぜか下のほうに・・・。(写真じゃちょっとわからないかもしれませんが、いつもはこの1.5倍くらいの高さがあります。)
どうやら、イースト菌だか強力粉が古かったらしい。

昔の食パンのような、ちょっと重い感じの食パンでしたが、焼きたてなので一応美味しく食べれました。
次回はリベンジだ〜!

2005年01月10日

タイカレー by だんな

晩ごはんも約束どおりだんなにタイカレーを作ってもらいました。
今日は楽チンな休日。

thaicurry.jpg

グリーンカレーです。レッド、イエロー、グリーンの中で一番辛いらしいです。
実際辛くて食べてるだけで舌がヒリヒリしましたが、ちょっと味は薄かったかな・・・。すこし水が多かったらしくて、後でココナッツミルクを足してました。

・・・と文句をいうと今後作ってくれなくなってしまうので、
「とっても美味しかった!(・∀・)」

<材料>
・鶏肉 ・・・ 1枚
 今回はむね肉。もも肉でも何でもいい。
・きのこ類 ・・・ 適量
 本当は、ふくろ茸で、代わりにマッシュルーム使うみたいですが、今日は冷蔵庫にあったしめじと舞茸。
・たけのこ ・・・ 半分くらい
・パプリカ ・・・ 2個
・タイカレーのルー ・・・ 1袋
・ココナッツミルクパウダー ・・・ 1袋の半分くらい
・ナンプラー ・・・ 適量
・塩 ・・・ 適量
・にんにく ・・・ 適量
・コンソメスープ ・・・ 1個
・水 ・・・ 適当

<作り方>
1.鶏肉は一口大、たけのこは薄切り、パプリカは適当に切る。
2.油を熱してにんにくをいため香りがでたら、鶏肉を炒める。
3.たけのこ、きのこをいれてさらにいためる。
4.全体に火が通ったら、水、コンソメ、ルーをいれる。
5.パプリカを入れて、煮立ったら、ココナッツミルクを入れて、塩とナンプラーで味を調える。

完成

タイカレーは日本のカレーと違って、煮込む必要がないらしいです。1時間もかかりませんでした。

フライパンビビンパ by だんな

昼ご飯はだんながビビンパをつくりました。

写真は撮り忘れました。
結構いい出来だったので残念。

味もいい感じで美味しかったです。
石焼ビビンパのイメージで、厚手の深めのフライパンをカセットコンロで加熱しながら食べました。

ちょうどNHKでイ・ビョンホンのドラマ再放送やってたので、韓国気分倍増。

<材料>
・牛肉薄切り ・・・ 適当
・もやし ・・・ 1袋の半分
・ナムル 数種類 ・・・ 適当
・にんにく ・・・ 適量
・ごま油 ・・・ 適量
・砂糖 ・・・ 適量
・みりん ・・・ 適量
・しょうゆ ・・・ 適量
・コチュジャン ・・・ 適量
・ごはん ・・・ お茶碗2〜3杯
・卵 ・・・ 2個
(↑なんじゃこりゃー、適当ばっかりじゃん!ちなみに、すべてだんなのいったままです)

<作り方>
1.牛肉は細切りにする。
2.こま油でにんにくをいため、牛肉、もやしをいためる。(もやしはなくてもOK)
3.砂糖、しょうゆ、みりん、コチュジャン、塩、で味付け。適当に。
4.フライパンにごま油を引いてご飯をいれ、ナムルと牛肉を盛り付ける。
5.カセットコンロにかけておこげが出来てきたら、コチュジャンをいれてかき混ぜる。
6.卵を割りいれて、さらにかき混ぜる

出来上がり

弱火で加熱しながら食べるとアツアツが食べれます。
ごま油多めにしたほうが風味があって美味しい。